脱大手3大キャリア!格安スマホに乗り換えてを料金を節約

sp

スマートフォンが当たり前になってから、生活スタイルにもかなり変化が出てきました。

ビジネスでもかなり変わってきました。

ガラケーの時より使える幅が広がりちょっと仕事でもスマホで済ますことも可能です。

大手3社の高すぎる月額料金とデータ量

しかし、悩みの種はドコモ、au、ソフトバンク3社の月額料金とデータ制限ですね。

月々7000円〜10000円かけるのがかなりの負担。

データ通信量が多いほど、データ量の多いプランを契約する必要があり月々の負担額が増します。

逆にあまり使わない人でも少ないデータ量のプランと通話のプランを組み合わせてもそこそこ高いのが実情。

だからこそ月額料金が安い、格安スマホが人気になって当然。

ただ、いくら月額費用が安いからと言って、実用的なのかなと一瞬、疑問に思うかもしれません。

しかし、上手に使えばほとんど問題にはならない人が多いのではないかと思います。

自宅での利用はwifi 外で使う時は公衆wifiスポットを活用

自宅で使う時はWifi。

外で使う時も、なるべく公衆Wifiスポットに行って接続運用。

このような使い方だと、1GB以下で済ませることができるはずです。

同じスマホを使うのであれば、格安スマホで色々なサービスを使い分けながらできることです。

最近は、ノマドワーカーと呼ばれる人々が増えています。

組織に属さずフリーランスで仕事をしている人々です。

彼等は、こんなWifiのサービスを駆使しながら、パソコンや格安スマホで費用を抑えながら仕事をやっています。

まさに格安スマホを巧みに操っていると言っても過言ではないしょう。

スマホが単なる端末ではなくて、仕事や遊びのアイテムとしてたくさんのアプリやツールが詰まっている以上、これからもその用途はとどまるところを知りません。

格安スマホを使って、自分の生活をエンジョイできたら最高です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする